バルトレックスは通販で買うと安い?

バルトレックスは病院で購入する場合は保険が適用されても一錠当たりで五百円程度、保険が適用されない場合だと一千五百円以上する高価な薬です。
それでも頻繁にバルトレックスを処方して貰う必要が無ければまだ良い方なのですが、性器ヘルペスは繰り返し発病するのでそのたびに治療していたらかなりの金銭的な負担となってしまいます。
そのために出来る限り安く手に入る方があるならその方が良いという人は多いです。
少しでも安く医薬品を購入したいという人たちの間で通販は人気となっていますが、バルトレックスについても安く手に入れたいなら通販サイトの方が安価で手に入ります。
バルトレックスそのものも保険が適用された場合よりも若干安い四百円程度ですが、さらに通販の場合はジェネリック医薬品も購入する事が出来ます。
ジェネリックの場合は一錠当たり二、三百円程度で購入する事が出来る所だけでは無く、安い所では一錠当たり一百円を切る場合もあります。
それだけ安いとどうしてそんな値段に出来るのか怪しく感じるかもしれませんが、ジェネリック品の場合は研究開発費が先発薬ほどかかっていないために販売価格を抑える事が出来るようになっているからであり、ジェネリックは主成分はバルトレックスと同じなので高価もほとんど同じとなっています。
ただ、通販サイトで購入する場合は単に安いかどうかだけでは無くて信頼できる業者かどうかを十分に調べてから選んだ方が良いです。
病院へ行かずに購入出来るから便利であるということで人気があるのですが、それを狙った悪質な販売業者も多いからです。
ほとんどお金をかけないで偽物を販売するケースもあり、そうした偽物は管理が全く出来ていない上に有害である事もあるのです。
安いのを求めるならば病院よりも通販の方が良いのは間違いないのですが、その事を理解した上で購入するかどうかを判断した方が良いです。

バルトレックスの飲み方について

バルトレックスは、ウイルスの種類や症状によって1日の服用回数や服用期間が異なり、単純ヘルペスウイルスにより引き起こされる性器ヘルペス感染症や口唇ヘルペス感染の治療には用量500mgを1日2回服用を5日間~10日間ほど続けますが、水痘や帯状疱疹の治療には用量500mgを1日3回の服用を7日間~10日間ほど続けます。
バルトレックスは、基本的にデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害作用を示す抗ウイルス化学療法剤として処方されていますが、ウイルスの感染症予防やヘルペスウイルスの再発抑制などの治療として1日1回用量500mgを1年間継続服用するケースもあります。
バルトレックスの服用タイミングとしては、食事の有無や内容により薬の効果に差異は少ないとされているので、食前でも食後でも都合の良いタイミングで定期的に服用すれば問題無くデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害作用を示すとされていますが、胃弱体質の方は食後の服用がおすすめです。
バルトレックスは、従来の抗ウイルス化学療法剤の主成分であるアシクロビルにアミノ酸の一種のバリンを縮合反応させたバラシクロビル塩酸塩を主成分にした事で、15%前後だった生物学的利用能が55%と非常に高く改善され、特に性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療において、従来の抗ウイルス化学療法剤は1日5回程度服用していたのに対し、バルトレックスは1日2回と服用回数が非常に少なくなっています。
しかし、飲み忘れた時は急いで服用するか、1回抜いて正しい服用タイミングで服用をする事を心掛けます。
バルトレックスは、生物学的利用能が高い抗ウイルス化学療法剤なので、飲み忘れた回数分の用量をまとめて服用するのは非常に危険な行為です。

バルトレックスの副作用は?

バルトレックスは、英国の大手製薬メーカーが開発したバラシクロビルを主成分とする抗ウイルス化学療法剤であり、バラシクロビルは2013年に特許期限を迎えたので日本を含め世界各国の製薬メーカーがジェネリック医薬品として製造販売しているデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬です。
バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、経口服用されたほとんどの医薬成分が腸で吸収され、個人差がありますが尿や便として数日で最大97%が排出され、体内の主要な臓器にほとんど蓄積され事無く副作用の発生頻度も非常に低く、副作用症状の重症化率も非常に低く安全性の高い治療薬とされています。
その為、バルトレックスの副作用は、下痢や吐き気、腹痛などの軽い胃腸症状、発疹や水膨れ、掻痒感などの軽い外皮症状、頭痛や眠気、めまいなどの軽い神経症状がほとんどですが、急性腎不全や肝機能障害、膵炎、間質性肺炎、皮膚粘膜眼症候群、アナフィキラシー様相症状などの重篤な副作用症状が発現する事もあり、特に高齢者や妊婦、腎臓機能に問題のある方の服用は副作用が重症化するリスクが高くなります。
又、ヒスタミンH2受容体拮抗薬シメチジンやテオフィリンを主成分とする喘息薬などの併用は、バルトレックスの副作用を誘発し重症化するリスクが高くなります。
バルトレックスは、安全性が高い事と神経節で休眠状態のウイルスにてデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害作用を示す為に1年の長期にわたりヘルペスの再発抑制治療として継続服用しますが、飲み忘れたからとまとめて服用したり、代謝速度の遅い方や体重40kg以下の方が通常の服用量を服用すると過量摂取となり、副作用を誘発するリスクがあるので、細心の注意が必要です。
バルトレックスは、非常に効能と安全性が高い医薬品ですが、正しい用法用量で服用する必要がある医薬品でもあります。

ページの先頭へ戻る