バルトレックスと食欲不振、低料金で処方を受ける

性感染症の中で割合として多いものに、性器ヘルペスがあります。ヘルペスは性器以外にも口唇などにも感染をしますが、症状としては水ぶくれのような赤い腫れものができます。ヘルペスに発症していると感じるときには、泌尿器科や性病科などを受診することでバルトレックスを処方してもらうことができます。ヘルペスが広がる原因はウイルスによるものですが、バルトレックスに含まれいる成分である塩酸バラシクロビルの効果によって、ウイルスを攻撃することが可能となるために、増殖を防ぐことができます。口唇や性器にヘルペスが発症しているときには、5日以内にバルトレックスを1日2回服用することで症状を軽くすることができます。ヘルペス治療薬の中でも最も吸収率が高く、治療の効果も高いために医療機関で広く使用されています。バルトレックスは副作用が少ない医薬品と言われていますが、一定の割合で胃腸症状や頭痛、眠気などの症状が現れることが考えられます。薬剤が代謝されるまでの間に、消化器官に対して負荷がかかることによって引き起こされる副作用と言えます。症状が重いときには、食欲不振に陥ることもありますので、体調が悪くなったときには担当の医者に相談することがおすすめです。バルトレックスは保険適用が認められている医薬品ですので、1錠あたり約550円ほどの料金となり、病院で処方してもらうときには、診察料として1000~2000円ほどの料金が加わります。医薬品の費用を節約したいと考えている人の場合には、インターネット上で購入することができる通販サイトを利用する方法もあります。通販サイトで購入したときには、1錠あたりの価格は約400円ほどの料金で入手できます。

ページの先頭へ戻る