抗体検査でヘルペスは個人輸入業者でバルトレックスを

性病の一種として性器ヘルペスがあり、ウイルスに感染することで発症します。ヘルペスウイルスに感染しているかの検査は、抗原検査と抗体検査があります。抗原検査は水膨れなどをとって調べる方法で、15分ほどの時間で結果が出ます。抗体検査は血液を採取して、ヘルペスの抗体を検出して調べる方法で、結果が出るまでに5日ほどかかります。検査を受けることができる施設としては、性病科や婦人科、泌尿器科がある医療機関となります。
検査の結果としてウイルスに感染しているときには、バルトレックスの処方を受けて治療することになります。バルトレックスに含まれている成分の塩酸バラシクロビルには、ウイルスを攻撃して増殖を防ぐ効果があります。バルトレックスを服用することで、口唇や性器ヘルペス、水疱瘡などの症状の軽減や再発防止の効果を得ることができます。ヘルペスが発症してから5日以内にバルトレックスを服用すれば、ウイルスの増殖を抑制することが可能で、症状の軽減につながります。ヘルペスに有効な医薬品の中で、バルトレックスは最も吸収率が高い特徴があります。バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬で、ヘルペスウイルスが増殖する過程においては、体内にウイルスDNAが複製されます。バルトレックスは、DNAの複製を阻害する作用がある医薬品となります。医療機関に行くことが難しい環境の人の場合には、個人輸入の代行業者による通販サイトを使って購入することもできます。通販サイトではネットを使っての購入となりますので、24時間好きなときに注文できるメリットがあります。正規品を扱っているなど、信頼できる個人輸入の代行業者のサイトを使うことが大切になります。

ページの先頭へ戻る